書籍・DVD > ログハウス・住宅 > その他住宅

世界がうらやむニッポンのモダニズム建築

その他単行本

世界がうらやむニッポンのモダニズム建築

伊藤隆之 著・写真
米山勇 監修

B5判 160ページ
ISBN:978-4-86067-637-7
発売日:2018年10月15日
定価:本体2,500円+税

各オンライン書店にてご購入いただけます。

夢の丸太小屋に暮らす 関連書籍 一覧

TOKYO WATER TOWER(トーキョー ウォーター タワー)

TOKYO WATER TOWER(トーキョー ウォーター タワー)


知られざる給水塔の魅力に触れる旅。アバンギャルドでクール、モダンで斬新、東京の給水塔

今日、見に行くことができる国宝・重要文化財レトロ建築

今日、見に行くことができる国宝・重要文化財レトロ建築


日本に残された至宝。3棟の国宝、41棟の重要文化財からなる傑作近代建築を巡る旅

もう二度と見ることができない幻の名作レトロ建築

もう二度と見ることができない幻の名作レトロ建築

The Lost Modern Architecture
かつて存在した懐かしき異空間を巡る旅。43の傑作近代建築がいま甦る

小屋入門 2

自然暮らしの本

小屋入門 2

「小屋」は、いちばん小さくて安い人生の楽園だ!
大好評『小屋入門』の第2弾。最新の小屋事情を大ボリュームで紹介

 

内容

異端?異形?偉業!
日本人がまだ知らない驚異の建築をめぐる旅


いま、日本のモダニズム建築が世界から熱い注目を集めています。戦前から戦後、そして高度経済成長を経て日本が先進国へ躍進した輝ける時代、当時最先端のモダニズム建築が数多く建てられました。モダニズム建築はこれまでの様式を重視した建築とは違い、そこに身を置く人間を主役にした建築です。一見、奇抜で突飛なデザインばかりに目が行き難解な印象がありますが、実際にそこを訪れると、その使いやすさや心地よさ、デザインの意図が理解できる建築でもあります。現在、建設から数十年の時間が経ち、取り壊されたり、存続か取り壊しかで揺れているモダニズム建築も少なくありません。本書はそんな、日本の貴重な文化遺産と呼ぶにふさわしい、選りすぐりのモダニズム建築40件の面白さや楽しみ方、その見どころなどを、モダニズム建築の面白さを大胆に切り取った豊富な写真と、江戸東京博物館たてもの園で研究員を務める建築史家、米山勇氏の監修で、やさしく紹介。モダニズム建築の鑑賞ガイドとして、モダニズム建築の魅力を堪能する解説書として、また、モダニズム建築のデザインを愛でる写真集として、幅広く活用できる一冊です。

著者プロフィール

伊藤隆之(いとう・たかゆき)/写真・著
1964年、埼玉県生まれ。早稲田大学芸術学校空間映像科卒業。日本の近代建築に興味をもち、写真を学ぶ。1989年から近代建築の撮影を始め、これまでに撮影した近代建築は2,600に及び、建築にも造詣が深い。おもな著書に『今日、見に行くことができる国宝・重要文化財レトロ建築』『もう二度と見ることができない幻の名作レトロ建築』(ともに刊・地球丸)、『明治・大正・昭和 西洋館&異人館』『看板建築・モダンビル・レトロアパート』(ともに刊・グラフィック社)などがある。ほかに『日本近代建築大全「東日本編」』『同「西日本編」』(ともに監修・米山 勇/刊・講談社)、『死ぬまでに見たい洋館の最高傑作供戞粉峠ぁζ眦沈賃◆ヾ・エクスナレッジ)などに写真を提供してきた。

米山 勇(よねやま・いさむ)/監修
1965年、東京都生まれ。建築史家。早稲田大学大学院理工学研究科博士後期課程修了後、日本学術振興会特別研究員、早稲田大学大学院非常勤講師、日本女子大学非常勤講師を経て、現在、江戸東京博物館研究員。博士(工学)。専門は日本近現代建築史、江戸東京の建築・都市史。日本銭湯文化協会理事。おもな著書に『時代の地図で巡る東京建築マップ』(刊・エクスナレッジ)、『米山勇の名住宅観賞術』(刊・TOTO出版)、『クイズでわかる近代建築100の知識』(刊・彰国社)などがある。


※プロフィール等は刊行時のものです。

目次

独創的なデザインに世界も注目
モダニズム建築はこう楽しむ!


●第1章 戦前〜戦中

01 自由学園明日館
F.L.ライト|1921|東京都豊島区

02 旧西陣織物館(現・京都市考古資料館)
本野精吾|1914|京都府京都市上京区

03 東京拘置所旧管理棟
蒲原重雄|1929|東京都葛飾区

04 旧京都中央電話局西陣分局舎
岩本 禄|1921|京都府京都市上京区

05 本野精吾邸
本野精吾|1924|京都府京都市北区

06 聴竹居
藤井厚二|1928|京都府京都市乙訓郡

07 小出邸
堀口捨己|1925|東京都小金井市

08 近三ビル
村野藤吾|1931|東京都中央区

09 大阪瓦斯ビルヂング
安井武雄|1933|大阪府大阪市中央区

10 木村産業研究所
前川國男|1932|青森県弘前市

11 原美術館
渡辺 仁|1938|東京都品川区

12 旧四谷第五小学校
東京市土木局建築課|1934|東京都新宿区

13 宇部市渡辺翁記念会館
村野藤吾|1937|山口県宇部市

14 前川國男邸
前川國男|1942|東京都小金井市

15 岩国徴古館
佐藤武夫|1945|山口県岩国市


Column 01
米山 勇先生に聞く
「日本のモダニズム建築とル・コルビュジエ」


●第2章 戦後〜オリンピック前

16 旧井上房一郎邸
アントニン・レーモンド|1952|群馬県高崎市

17 神奈川県立図書館・音楽堂
前川國男|1952|神奈川県横浜市

18 世界平和記念聖堂
村野藤吾|1954|広島県広島市

19 国立西洋美術館
ル・コルビュジエ|1959|東京都台東区

20 群馬音楽センター
アントニン・レーモンド|1961|群馬県高崎市

群馬音楽センター【誌面サンプルその2】

群馬音楽センター【誌面サンプルその3】
21 羽島市庁舎
坂倉準三|1959|岐阜県羽島市

22 香川県庁舎
丹下健三|1958|香川県高松市

香川県庁舎【誌面サンプルその2】

23 明治大学和泉第二校舎
堀口捨己|1960|東京都杉並区

24 東京文化会館
前川國男|1961|東京都台東区

25 日本二十六聖人記念館・聖フィリッポ教会
今井兼次|1962|長崎県長崎市

26 日生劇場・日本生命日比谷ビル
村野藤吾|1963|東京都千代田区


Column 02
米山 勇先生に聞く
「モダニズム建築の解体と保存」


●第3章 東京オリンピック〜高度経済成長終焉

27 国立代々木競技場
丹下健三|1964|東京都渋谷区

28 東光園
菊竹清訓|1964|鳥取県米子市

29 東京カテドラル聖マリア大聖堂
丹下健三|1964|東京都文京区

30 香川県立体育館
丹下健三|1964|香川県高松市

31 国立京都国際会館
大谷幸夫|1966|京都府京都市左京区

国立京都国際会館【誌面サンプルその2】

国立京都国際会館【誌面サンプルその3】

32 大学セミナーハウス
吉阪隆正|1965|東京都八王子市

33 パレスサイドビル
林 昌二|1966|東京都千代田区

34 都城市民会館
菊竹清訓|1966|宮崎県都城市

35 旧千代田生命本社ビル(現・目黒区総合庁舎)
村野藤吾|1966|東京都目黒区

36 霞が関ビル
山下寿郎|1968|東京都千代田区

37 旧大分県立図書館(現・アートプラザ)
磯崎 新|1966|大分県大分市

38 親和銀行本店
白井晟一|1967-1975|長崎県佐世保市

39 代官山ヒルサイドテラスA-C棟
槇 文彦|1969-1973|東京都渋谷区

40 中銀カプセルタワー
黒川紀章|1972|東京都中央区


本書に登場する基本用語