雑誌詳細

Fly Rodders2017年冬号

FlyRodders(フライロッダーズ)

2017年冬号

オフシーズンに磨くフライキャスティング

148ページ
雑誌コード:66634-47
発売日:2017年10月21日
定価:1,620円(税込)

定期購読

各オンライン書店にてご購入いただけます。

夢の丸太小屋に暮らす 関連書籍 一覧

狩猟生活

いい山野に、いい鳥獣あり。

狩猟生活

VOL.2 罠猟/解体超基本
一冊丸ごと狩猟ムック第二弾。素晴らしき出会いを求めてフィールドを駆け巡る

山と釣り

いい山に、いい川あり。

山と釣り

vol.3 今年もいちばん美しい源流へ。
「山歩き」+「渓流釣り」。バックパッキング・スタイルで楽しむ渓流釣りを紹介

狩猟入門

NEW OUTDOOR HANDBOOK 20

狩猟入門

狩猟免許の取得からハンティングの実際まで
狩猟の魅力をイチから教える入門書

沢登り&岩登り入門

NEW OUTDOOR HANDBOOK 17

沢登り&岩登り入門

爽快! シャワー系から人気のボルダリングまで

新版 ヤマメ&イワナの日本100名川

新版 ヤマメ&イワナの日本100名川

The Best River Guide of Yamame & Iwana.
いい川にいい魚あり。見れば必ず行きたくなるベストフィールドをオールカラーで紹介!

フライフィッシング入門 [タイイング編]

フライフィッシング入門 [タイイング編]

フライタイイングの基本とシーズンを通して使える35本の巻き方
フライタイイング(フライを巻くこと)をはじめたい人に向けたハウツームック

シンプル・フライフィッシング

patagonia BOOKS®  SIMPLE FLY FISHING 〜TECHNIQUES FOR TENKARA AND ROD & REEL

シンプル・フライフィッシング

テンカラが教えるテクニック
世界級のアングラーたちが綴る、ロッドとラインとフライだけを使ってマスを釣るシンプルな方法

楽しい川遊び

NEW OUTDOOR HANDBOOK 18

楽しい川遊び

源流から河口まで川をとことん楽しむ方法

 

目次

晩秋の渓
写真・文=知来 要


●特集
オフシーズンに磨くフライキャスティング
より正確に! もっと遠くへ! 美しいループを描くためのトレーニング法


いまさら聞けない?
基礎から見直すシングルハンドキャスティング
解説=東瀬一郎 構成=中根淳一

フライキャスティング用語集

DISTANCE CASTING
チャレンジ! 半日でフルライン!!
解説=稲見一郎 写真=奥井隆史 構成=森安正樹

どんな状況でも釣りを成立させるために
実釣における風対策
解説=杉坂研治

近藤先生、アンダーハンドを教えてください
ラインを動かすことが下手の役割、動かないことが上手の役割
解説=近藤雅之 写真=奥井隆史 構成=丹 律章


カンツリトラウトパターン34
構成=松田桂一

群馬県のハコスチ 2017シーズン開幕
写真・文=佐藤成史

雨の西別川

新製品情報

渓流オフのときにおもしろいコイ&オイカワ
近所の川でフライフィッシング

【レポート】
「ミライ・桂川」の活動
インフォメーション

【注目企画】
シーバスのボートフィッシング入門
写真=奥井隆史 構成=中根淳一

NZ旅の思い出
写真・文=佐々木岳大

ソルトフライの楽園 ウェイパ
文=垣内雄高

韓国でフライフィッシング
文=夷谷元宏

ロッドビルディングのガイドを付ける位置について
アクションを左右するスパインの基礎知識
解説=渡辺雄三 写真=知来 要

釣り人とロッドとの接点を僕らはもっと重視すべきだろう
釣り人はグリップを考える
解説=宮坂雅木 写真=奥井隆史 構成=丹 律章

解禁までに直しておきたい
ランディングネットのメンテナンス法
解説=細川 功 構成=松田桂一

【ヤマメ&アマゴの渓を巡る】
東丹沢探釣記
写真・文=佐藤成史

【よみもの】
日本で初めてのフライフィッシング入門書
『毛鉤釣教壇』と金子正勝のこと
文=川野信之

【連載】水の景色
風は見えるか
文=湯川 豊

次号予告

特集
私の一軍フライ
春のフライローテーション

次号は、来る2018シーズン解禁に向けて、様々なフライパターンのタイイングとその使い方について解説していきます。また、気になる注目の新製品や最新タックルの情報、すぐに役立つテクニックなどもあわせて紹介していく予定です。お楽しみに!!!

*特集や連載などは、内容を予告なく変更させていただく場合があります。あらかじめご了承ください

次号の発売は、1月下旬の予定です。

※ 刊行予定変更のお知らせ
奇数月22日に定期刊行してきました『フライロッダーズ』ですが、まことに勝手ながら、今後、不定期での発行とさせていただきます。その分、一冊一冊、さらに充実した誌面づくりを目指していきますので、変わらずの応援をいただけると幸甚です。