雑誌詳細

Fly Rodders2017年夏号

FlyRodders(フライロッダーズ)

2017年夏号

ハイシーズンのドライフライ 〜ヤマメ&イワナに効く夏毛鉤を巻く〜

148ページ
雑誌コード:66634-20
発売日:2017年4月22日
定価:1,620円(税込)

定期購読

各オンライン書店にてご購入いただけます。

夢の丸太小屋に暮らす 関連書籍 一覧

狩猟生活

いい山野に、いい鳥獣あり。

狩猟生活

VOL.1 狩猟免許取得ABC
一冊丸ごと狩猟ムック。素晴らしき出会いを求めてフィールドを駆け巡る

山と釣り

いい山に、いい川あり。

山と釣り

vol.3 今年もいちばん美しい源流へ。
「山歩き」+「渓流釣り」。バックパッキング・スタイルで楽しむ渓流釣りを紹介

狩猟入門

NEW OUTDOOR HANDBOOK 20

狩猟入門

狩猟免許の取得からハンティングの実際まで
狩猟の魅力をイチから教える入門書

沢登り&岩登り入門

NEW OUTDOOR HANDBOOK 17

沢登り&岩登り入門

爽快! シャワー系から人気のボルダリングまで

新版 ヤマメ&イワナの日本100名川

新版 ヤマメ&イワナの日本100名川

The Best River Guide of Yamame & Iwana.
いい川にいい魚あり。見れば必ず行きたくなるベストフィールドをオールカラーで紹介!

フライフィッシング入門 [タイイング編]

フライフィッシング入門 [タイイング編]

フライタイイングの基本とシーズンを通して使える35本の巻き方
フライタイイング(フライを巻くこと)をはじめたい人に向けたハウツームック

シンプル・フライフィッシング

patagonia BOOKS®  SIMPLE FLY FISHING 〜TECHNIQUES FOR TENKARA AND ROD & REEL

シンプル・フライフィッシング

テンカラが教えるテクニック
世界級のアングラーたちが綴る、ロッドとラインとフライだけを使ってマスを釣るシンプルな方法

楽しい川遊び

NEW OUTDOOR HANDBOOK 18

楽しい川遊び

源流から河口まで川をとことん楽しむ方法

 

目次

夏渓開幕
写真=知来 要

伊豆半島アマゴ旅
写真・文=佐藤成史


●特集
ハイシーズンのドライフライ
ヤマメ&イワナに効く夏毛鉤を巻く


ヤマメ&イワナを狙うマイフェイバリット
夏のドライフライ50

おもにシカ毛を中心とした
獣毛の選び方
解説=勝村哲也 写真=奥井隆史

先行者がいようが大丈夫。
じっくり、ていねいに獲っていく。そんな夏の釣り上がりに必携の
テレストリアル・ミッジ
解説=渡辺訓正 写真=奥井隆史

羽化行動の観察から成功を導くために
ライズ狙いのモンカゲ考
写真・文・タイイング=佐藤成史

ねじってボディをつくる
エクステンドボディ・ワームを巻く
解説=里見栄正

夏渓流のもうひとつのサーチング・フライ!?
スパイダー2態
解説=松木康宏

盛期の渓流をドライフライで狙うための
釣り上がりのアプローチ再確認Q&A
解説=村松 誠
[短期連載 
“ナロースイング”で狙うウェット戦術
解説=望月和美

カワウとうまくつきあう
報告=吉田俊彦

インフォメーション

【特別寄稿】北海道、東北太平洋釣り旅
終わらない旅、終わりない夢
文=酒井清文 写真=松岡芳英、酒井清文

時間を共有できる場所
文=杉坂友大郎 写真=奥井隆史

[短期連載]後編(5月上旬〜禁漁)
ラン&ガンで攻めるライトタックルの楽しみ方
中禅寺湖トレック&フィッシング
写真・文=市村 晃

[短期連載]
「杉坂先生に釣りを教わる」その
芝川のウエットフライ
先生=杉坂研治 写真=奥井隆史 生徒=丹 律章

[連載]水の景色
草のいろいろ
文=湯川 豊

新製品情報

フライタイイング履歴書
第7回 ソフトハックルの誘惑
文=黒石真宏

次号予告

特集
大マス攻略

夏以降のシーズンの後半は、大型トラウトの期待が特に高まります。しかし、大物は、数が少なかったり、警戒心も強かったりして、なかなか釣れない。そこで、待望の大物を釣るためのテクニックやフライパターン、状況的な考察やギアなど、全方位から迫ります。また、旬な情報や各社新製品などもあわせて紹介していく予定です。お楽しみに!!!

*特集や連載などは、内容を予告なく変更させていただく場合があります。あらかじめご了承ください

次号の発売は、7月下旬の予定です。

※ 刊行予定変更のお知らせ
奇数月22日に定期刊行してきました『フライロッダーズ』ですが、まことに勝手ながら、今後、不定期での発行とさせていただきます。その分、一冊一冊、さらに充実した誌面づくりを目指していきますので、変わらずの応援をいただけると幸甚です。