雑誌詳細

Fly Rodders2018年夏号

FlyRodders(フライロッダーズ)

2018年夏号

いま知りたい水面下へのアプローチ/竹竿で遊ぶ

148ページ
雑誌コード:66634-67
発売日:2018年4月21日
定価:1,620円(税込)

定期購読

各オンライン書店にてご購入いただけます。

夢の丸太小屋に暮らす 関連書籍 一覧

狩猟生活

いい山野に、いい鳥獣あり。

狩猟生活

VOL.3 鳥猟 Bird Hunting
一冊丸ごと狩猟ムック、第三弾は「鳥猟」特集。深遠なる鳥撃ちの世界をめぐる

山と釣り

いい山に、いい川あり。

山と釣り

vol.4 いざ、イワナに会いに源流へ。
「山歩き」+「渓流釣り」。バックパッキング・スタイルで楽しむ渓流釣りを紹介

鈴木寿 フライキャスティング大全

鈴木寿 フライキャスティング大全

フライキャスティングの基礎からアドバンストテクニックを詳細映像化! 【DVD】

新版 ヤマメ&イワナの日本100名川

新版 ヤマメ&イワナの日本100名川

The Best River Guide of Yamame & Iwana.
いい川にいい魚あり。見れば必ず行きたくなるベストフィールドをオールカラーで紹介!

フライフィッシング入門 [タイイング編]

フライフィッシング入門 [タイイング編]

フライタイイングの基本とシーズンを通して使える35本の巻き方
フライタイイング(フライを巻くこと)をはじめたい人に向けたハウツームック

シンプル・フライフィッシング

patagonia BOOKS®  SIMPLE FLY FISHING 〜TECHNIQUES FOR TENKARA AND ROD & REEL

シンプル・フライフィッシング

テンカラが教えるテクニック
世界級のアングラーたちが綴る、ロッドとラインとフライだけを使ってマスを釣るシンプルな方法

新装版 フライフィッシングギアのハンドクラフト教書

新装版 フライフィッシングギアのハンドクラフト教書

ロッド、フライリール、ランディングネット、銘木ボックス、革製フィッシングバッグなど、17種のオリジナルギアのメイキング法を詳細解説!!

ウェットフライの戦術

本流釣りの基本と応用

ウェットフライの戦術

Stream & Wet
本流釣りのエキスパート杉浦雄三氏監修による、一から本流釣りを始めるための入門書

 

目次

中禅寺湖
写真=知来 要


●特集
いま知りたい
水面下へのアプローチ

水中を狙えれば一日の釣りがもっと変わる。
ドライフライに出ないときに打つ次の一手でサプライズが起きるかも!?

10人のニンフ&ウエット談
会心の一尾をあげたフライパターン
タイヤー=佐藤俊博、細川 功、角田太郎、石川寛樹、佐々木 大、河合宏一、杉坂友大郎、市村 晃、水野隆信、杉坂隆久 構成=松田桂一


【完全保存版】
佐藤成史の
水中探索テクニック集

変幻自在のニンフフィッシング

【対談】
佐藤成史×細川 功
ニンフ放談
まとめ=松田桂一

タックルと装備

ニンフ&ウエット系フライボックス

フライセレクトとフライローテーション考

ニンフィング超実践


安心して底層をタイトに攻めるための
ジグニンフを巻く
タイイング・解説=中峰健児

新たなる一手に加えたい
すぐに使えるウエットフライ×5
タイイング・解説=勝村哲也 写真・文=中根淳一
SWINGの衝撃
タイイング・解説=仲野 靖


【釣行記】
日本有名本流釣り旅
アマゴ、サツキマスの国へ
文=酒井清文 写真=松岡芳英

【読み物】
贖罪プール
文=黒石真宏

【レポート】
「ミライ・桂川」の活動

インフォメーション


●特集
竹竿で遊ぶ


バンブーロッドの理由
文・写真=阪東幸成

Bamboo Rod Catalog

クァドbuilt by W.E.エドワーズ
写真・文=坂口正夫

私にとってのシルクライン元年

バンブーロッドの基礎知識

竹竿使いになるためのQ&A
解説=山城良介 写真・文=中根淳一


新製品情報

【連載】水の景色
サクラ幻影
文=湯川 豊

次号予告

特集
秋マス攻略Q&A

次号では、渓流がオフシーズンでも熱い北海道のフィールドや、ここ数年で各地で増えている本州のニジマス釣り場、オフの釣りの定番・管理釣り場での遊び方を提案していきます。また、フライフィッシングにまつわるギアや旬な情報などを紹介していく予定です。お楽しみに!

*特集や連載などは、内容を予告なく変更させていただく場合があります。あらかじめご了承ください

次号の発売は、9月下旬の予定です。

※ 刊行予定変更のお知らせ
奇数月22日に定期刊行してきました『フライロッダーズ』ですが、まことに勝手ながら、今後、不定期での発行とさせていただきます。その分、一冊一冊、さらに充実した誌面づくりを目指していきますので、変わらずの応援をいただけると幸甚です。