雑誌詳細

Fly Rodders2018年春号

FlyRodders(フライロッダーズ)

2018年春号

早春の必携フライ

148ページ
雑誌コード:66634-55
発売日:2018年1月22日
定価:1,620円(税込)

定期購読

各オンライン書店にてご購入いただけます。

夢の丸太小屋に暮らす 関連書籍 一覧

狩猟生活

いい山野に、いい鳥獣あり。

狩猟生活

VOL.2 罠猟/解体超基本
一冊丸ごと狩猟ムック第二弾。素晴らしき出会いを求めてフィールドを駆け巡る

山と釣り

いい山に、いい川あり。

山と釣り

vol.3 今年もいちばん美しい源流へ。
「山歩き」+「渓流釣り」。バックパッキング・スタイルで楽しむ渓流釣りを紹介

新版 ヤマメ&イワナの日本100名川

新版 ヤマメ&イワナの日本100名川

The Best River Guide of Yamame & Iwana.
いい川にいい魚あり。見れば必ず行きたくなるベストフィールドをオールカラーで紹介!

フライフィッシング入門 [タイイング編]

フライフィッシング入門 [タイイング編]

フライタイイングの基本とシーズンを通して使える35本の巻き方
フライタイイング(フライを巻くこと)をはじめたい人に向けたハウツームック

フライフィッシング入門 [渓流&湖沼編]

フライフィッシング入門 [渓流&湖沼編]

FLY FISHING MANUAL FOR BEGINNERS 自然をたっぷり感じられるフライフィッシングの世界へようこそ!
渓流から湖までフライフィッシングに入門するためのベーシック・テクニックを一挙紹介!

鈴木寿 フライキャスティング大全

鈴木寿 フライキャスティング大全

フライキャスティングの基礎からアドバンストテクニックを詳細映像化! 【DVD】

フライマンのための水生昆虫入門

フライマンのための水生昆虫入門

美しいカラー写真とわかりやすい解説でひも解く水生昆虫の世界

 

目次

●特集
100本を超える解禁に役立つパターンを大紹介
早春の必携フライ


弾数とパターンをそろえてフィールドに立とう
解禁のフライボックス
タイヤー=垣内雄高、柴崎紳一、曵地弘成、吹揚孝司、藤井 宏、渡辺訓正、里見栄正、新藤忠伸、川条和也、漆原孝治 まとめ=松田桂一

時間帯や視認性で使い分ける
解禁から活躍するダンパターン7種
解説=加藤 力 写真=奥井隆史 構成=中根淳一

早春に出会うストーンフライ
解説=渡辺訓正 写真・構成=中根淳一

いま思えば、あのライズはカディスだったかも!?
カディスが得意になるためのヒント
解説=森村義博 写真=奥井隆史 構成=森安正樹

美しいフライで美しい魚を釣る
きっちり巻く! カラーハックル・パターン
解説=新藤忠伸 構成=松田桂一

極小の虫を捕食している場面はとても多い
ミッジ・タイイングと使い方
解説=垣内雄高 構成=松田桂一

水面下で操るソフト&リバース・ハックル
写真・文=佐藤成史

Trace the Bottom
積極的に湖底へアプローチする
解説=松木康宏 写真・構成=中根淳一
今年こそ、ライズの釣り
早春のライズ攻略
解説=細川 功 写真=奥井隆史 構成=丹 律章

春の渓流、名手の装備
岩井渓一郎の春装備一式
写真=岡村享則 まとめ=森安正樹

追悼 白石勝彦氏
岩井渓一郎 回想
源流、白石さんとの冒険

【対談】
湯川 豊&余語 滋
ミミズとフライの関係

【レポート】
ミライ・桂川の活動

インフォメーション

【注目企画】
50m先を狙うツーハンドキャスト
距離を飛ばすからこそ出会える魚がいる
解説=杉坂友大郎 写真=奥井隆史 構成=丹 律章

アマゾン川のピラルク
写真・文=夷谷元宏

2018注目の新製品

禁漁から解禁まで
写真・文=知来 要

【連載】水の景色
長い長い夕暮れ
文=湯川 豊

次号予告

特集
水中を狙う

ハイシーズンに入ったら大きなドライフライでヤマメやイワナを狙える場面が多くなってくるものの、水面に出てこない場合も実際には多いものです。そこで次号では、ドライに出てこないタフなシチュエーションで役立つ、水面より下を狙うアプローチ方法やフライパターンを紹介していきます。また、旬な情報もお届けする予定です。お楽しみに!!!

*特集や連載などは、内容を予告なく変更させていただく場合があります。あらかじめご了承ください

次号の発売は、4月下旬の予定です。

※ 刊行予定変更のお知らせ
奇数月22日に定期刊行してきました『フライロッダーズ』ですが、まことに勝手ながら、今後、不定期での発行とさせていただきます。その分、一冊一冊、さらに充実した誌面づくりを目指していきますので、変わらずの応援をいただけると幸甚です。