書籍・DVD > キャンプ・アウトドア > その他アウトドア

焚き火の達人

アウトドア・ハンドブック

NEW OUTDOOR HANDBOOK 19

焚き火の達人

火おこしの超基本から応用テクニックまで

伊澤直人 監修

B6判 192ページ
ISBN:978-4-86067-588-2
発売日:2017年2月15日
定価:本体1,200円+税

各オンライン書店にてご購入いただけます。

夢の丸太小屋に暮らす 関連書籍 一覧

楽しい川遊び

NEW OUTDOOR HANDBOOK 18

楽しい川遊び

源流から河口まで川をとことん楽しむ方法

沢登り&岩登り入門

NEW OUTDOOR HANDBOOK 17

沢登り&岩登り入門

爽快! シャワー系から人気のボルダリングまで

アウトドアナイフがわかる本

NEW OUTDOOR HANDBOOK 16

アウトドアナイフがわかる本

野外活動を快適にする刃物使いをマスター

カヌー&カヤックを楽しむ

NEW OUTDOOR HANDBOOK 15

カヌー&カヤックを楽しむ

川、海、湖で漕ぐための必修技術&知識集

アニマルトラッキング入門

NEW OUTDOOR HANDBOOK 14

アニマルトラッキング入門

フィールドに残る痕跡から野生動物のことを知る方法

子どもと楽しむ外遊び

NEW OUTDOOR HANDBOOK 12

幼児から小学校低学年までの子どもと楽しむ外遊び

自然をとことん楽しみつくすための方法を教えます

野外料理超入門

NEW OUTDOOR HANDBOOK 9

野外料理超入門

アウトドアの楽しみがさらに広がる超簡単レシピ集

ダッチオーブン&スキレット教書

NEW OUTDOOR HANDBOOK 5

ダッチオーブン&スキレット教書

魔法の鉄鍋100%活用の極意&基本レシピ集

 

内容

火を自在に操る方法を完全網羅

「NEW OUTDOOR HANDBOOK」シリーズ、第19弾のテーマは「焚き火」です。まずはモノありきというキャンピング・スタイルへの反動や反省もあり、なるべく少ない道具と自分の知識と技術だけで、自然のなかでの衣食住を成立させる「ブッシュクラフト」というアウトドアの楽しみ方が注目されています。そのなかでも「焚き火」は最も重要な技術のひとつであると同時に、大人のアウトドアを贅沢に演出する楽しみ方にもなっています。本書は、アウトドアの楽しみが広がる、焚き火の基礎知識から実践術までを完全網羅した決定版です。

著者プロフィール

伊澤直人(いさわ・なおと)
1972年生まれ。キャンプの焚き火の脇でお酒を飲むのが大好きで、アウトドア、旅と海・山・川生活が人生のホームグラウンド。TVや映画の強いヒーローに憧れる喘息持ちの苛められっ子が、親に無理やり入れられたボーイスカウトで山遊びに目覚め、10代はキャンプ漬けの日々。その後、アウトドアスクールで学び、全国放浪旅を経たあと、東京でサラリーマン生活のかたわらも、川下りガイドや野外学校の運営に関わる。いつでも、どこへでも、だれとでも! が信条の大人の探検隊を結成すべく、キャンプを中心にした野外活動創造集団「週末冒険会」を主宰。楽しかった子どものころの夏休みの気持ちになれる、やんちゃ心をもった大人の冒険仲間をつくりたい、広げたい、というコンセプトで活動中。


※プロフィール等は刊行時のものです。

目次

焚き火の記憶


●第1章 焚き火とは?

Welcome to Bonfire
焚き火の世界へ、ようこそ。

伊澤直人さんに聞く「焚き火はアートです」

「直火」で焚き火の基本を覚える

なぜ焚き火は心地よいのか?

火が会話を弾ませる不思議

【焚き火コラム  
古代式火おこしに挑戦


●第2章 焚き火の基礎知識

焚き火はなぜ燃えるのか?

焚き火の流れを知る

焚き火はどこでやればいい?

焚き火でテントを燃やさないために

【焚き火コラム ◆
焚き火で暖をとるときのポイント


●第3章 焚き火の準備 薪について

よい薪の条件とは?

樹種による燃焼特性を知っておく

太さの異なる4種類の薪を用意する

薪に適しているのは“立ち枯れ”の木

薪はなるべく遠くから集めて運びやすい長さに折る

斧で枝を払う

斧で薪を割る

ノコギリ&ナイフを使う

小枝をログキャリーで運ぶ

太い枝を森から引っ張り出す

薪を束ねる針金について

薪を濡らさないように工夫する

【焚き火コラム 】
焚き火でおいしい焼き芋をつくりたい


●第4章 焚き火の準備 火をおこす

焚き火を成功させるには?

高機能なマッチを使う

メタルマッチを使いこなす

“火口”の役割

スギの皮を揉めば火口になる

万能の火口チャークロスをつくる

焚きつけの役割とは?

新聞紙は最強の焚きつけ!?

牛乳パックの火力は想像以上

湿った枝はフェザースティックに

市販の着火剤は非常用と考える

【焚き火コラム ぁ
着火剤を太い薪に塗っても燃えない!?


●第5章 焚き火実践術 薪の組み方

薪の組み方による特徴を知る

最もベーシックな「ティピー型」

少しずつ燃やせる「インディアン型」
ワイルドに楽しむ「ハンター型」

長時間燃え続ける「トップダウン型」

すぐに火がおこせる「差しかけ型」

薪を自動補給できる「自重落下型」

雨の日は石を並べた上に薪を組む

雪上では太い薪を並べた上に組む

キャンプファイヤーにも適した大型の焚き火

【焚き火コラム ァ
焼きマシュマロは焚き火の定番!?


●第6章 焚き火実践術 薪の組み方

安定した焚き火にはかまどが役立つ

かまどで火をおこす

調理用熱源としてのかまど

サブかまどで調理時間を短縮する

ダッチオーブンの使い方

ポットクレーンをつくる

トライポッドをつくる

吊り下げフックをつくる

火力を保つ方法

焚き火台のメリットデメリット

焚き火台を使う

焚き火台で料理をする

小さな焚き火ならネイチャーストーブもあり

挑戦! スウェディッシュトーチ


●第7章 焚き火のあと始末

薪は完全に燃やし尽くす

灰は水をかけて埋め戻す

かまどは崩してケルンを組む

キャンプ場で見つけた焚き火NG集

【焚き火コラム Α
恐ろしい着衣着火に備えよう


●第8章 焚き火の道具

焚き火台

焚き火台グリル

ネイチャーストーブ

焚き火テーブル

トライポッド



ナイフ

ナタ

スコップ

ノコギリ、火ばさみ

手袋

クッカー、ケトル、ロースター

ダッチオーブン、スキレット

+αの道具で焚き火を楽しむ


●第9章 全国の直火が楽しめるキャンプ場


焚き火10の心得