書籍・DVD > 暮らし・インテリア > 暮らしエッセイ
書籍・DVD > 天然生活の本 > 天然生活の本

花のしつらい、暮らしの景色

天然生活ブックス

花のしつらい、暮らしの景色

平井かずみ

A5判 184ページ
ISBN:978-4-86067-378-9
発売日:2013年3月5日
定価:本体1,400円+税

各オンライン書店にてご購入いただけます。

夢の丸太小屋に暮らす 関連書籍 一覧

家仕事ごよみ

家仕事ごよみ


昔から、大切に受け継がれてきた、四季折々の「日本の母の知恵」

北欧の手づくり春夏秋冬

北欧の手づくり春夏秋冬

つくり方のDVD付き(本編55分)
セキ ユリヲさんに教わる、北欧のかわいい手芸(つくり方のDVD付き)

島るり子のおいしい器

島るり子のおいしい器


陶芸家 島るり子さんの器と料理と暮らしの本

朝の時間割

朝の時間割


忙しい朝を丁寧に過ごす、小さな工夫

おとな時間

おとな時間


『天然生活』の人気連載「おとな時間」が一冊に。新たに、エッセイに登場した料理のレシピを加えました

まいにちのなかにオーガニック

まいにちのなかにオーガニック


「わたしには遠い話」と思っていた人も「そうか」と腑に落ち、「わたしも」と思えるオーガニックの話。

道ばたに咲く

道ばたに咲く


『天然生活』の人気連載「草こよみ」が一冊に。雑草にまつわる美しいエッセイ

かえる食堂 干したり漬けたり

季節の保存食

かえる食堂 干したり漬けたり


かえる食堂・松本朱希子さんの、春夏秋冬、漬けて干しての保存食レシピ。

 

内容

季節の景色を部屋の中に取り入れる“小さな工夫”

「しつらい」とは平安時代の「室礼」という言葉に由来するといわれています。季節の行事や儀式に合わせて部屋の趣を整えるという習わし。著者が思う「しつらい」とは、ただ、その場に花を活けるだけではなく、その空間と外の景色を花でつなぐ、そんな感覚なのです。季節の花を、暮らしの中にすっと溶け込むように飾るスタイリングが人気の著者の、2年に渡る『天然生活』での連載に加筆。窓の外の景色を部屋の中に取り入れる、花と暮らしの提案が満載の一冊です。

著者プロフィール

平井かずみ(ひらい・かずみ)
フラワースタイリスト。「ikanika」主宰。インテリアショップ勤務を経て、挿花家・谷匡子氏に師事。“しつらえる”という感覚を大切に、季節の草花を用いた暮らしのなかの花、「日常花」を提案。東京・自由が丘「café イカニカ」を拠点に、「花の会」をはじめとする花の教室を定期的に開催。雑誌、書籍、イベントやラジオなど幅広く活躍。著書に『いつも、花のこと。』『花はそっと、日常に。』(ともにマーブルトロン)、『季節を愉しむリースづくり』(河出書房新社)などがある。


※プロフィール等は刊行時のものです。

目次

はじめに


●春

春らんまん

春らんまん[誌面サンプルその2]

春は球根

足元の花

色遊び

バラが好き


column 1 一輪と向き合う


●梅雨

雨降り花

梅雨空に青

みずみずしく


column 2 どうして“器”に?


●夏

夏の花、夏の色

香りの便り

七草選び


column 3 きれいが生まれる


●秋

菊の節句

実りの秋

染まる葉、色づく実

季節を紡ぐ色


column 4 花は主役じゃない


●冬

冬には赤を

干し花

冬の葉っぱ

黄色から始まる
めぐる季節


column 5 花と暮らしの根っこは一緒


しつらいカレンダー

お正月

節分

桃の節句

端午の節句

七夕

中秋の名月

事始め(事納め)

冬至

クリスマス


しつらいはいつもの場所で

cafe イカニカ

私の家


ありのままの姿を訪ねて

箱根湿生花園

佐倉草ぶえの丘バラ園

代々木公園

多摩川台公園

佐久間ダム公園

多摩川河川敷


花と仲良くつきあうために
道具と基本

大切にしている道具たち

ひと手間の基本が大事


花材名索引