書籍・DVD > キャンプ・アウトドア > その他アウトドア

アニマルトラッキング入門

アウトドア・ハンドブック

NEW OUTDOOR HANDBOOK 14

アニマルトラッキング入門

フィールドに残る痕跡から野生動物のことを知る方法

外川英樹 監修

B6判 192ページ
ISBN:978-4-86067-531-8
発売日:2016年5月20日
定価:本体1,200円+税

各オンライン書店にてご購入いただけます。

夢の丸太小屋に暮らす 関連書籍 一覧

子どもと楽しむ外遊び

NEW OUTDOOR HANDBOOK 12

幼児から小学校低学年までの子どもと楽しむ外遊び

自然をとことん楽しみつくすための方法を教えます

フィールドの天気がわかる本

NEW OUTDOOR HANDBOOK 11

フィールドの天気がわかる本

天気図と空模様から天候の変化を読み取る

野外危機回避マニュアル

NEW OUTDOOR HANDBOOK 10

野外危機回避マニュアル

あらゆるエマージェンシーから身を守るための知識を蓄える

読図の基本がわかる本

NEW OUTDOOR HANDBOOK 2

読図の基本がわかる本

一枚の地図に込められた無限の情報をキャッチする

 

内容

足跡やフン、食べ跡、寝床など、野生動物が残した痕跡から種類を特定することを“アニマルトラッキング”といいます。近年では、ツアーが組まれるほど人気のアウトドア・アクティビティです。本書では、準備編、基礎知識編、実践編、小型哺乳類編、中・大型哺乳類編、装備編、野生動物の撮影術までを解説。この一冊で、アニマルトラッキングを存分に楽しむために必要な知識を網羅しています。
【主な収録動物】ネズミ類、ウサギ類、キツネ類、タヌキ、テン、イタチ、イノシシ、シカ類、カモシカ、クマ類、カモ、サギ ほか

著者プロフィール

外川英樹(とがわ・ひでき)
1970年、富士河口湖町船津生まれ。2002年、河口湖フィールドセンター・自然共生研究室を経て、自然・動物写真家として独立。現在は富士北麓森林組合にて里山のあり方、野生動物と人工林のあり方、野生動物と人間との関わり、松くい虫の駆除についての方法など、体を張って日々、研究中。環境省・富士箱根伊豆国立公園指導員、山梨県・自然監視員、日本自然保護協会・自然観察指導員、大月市の自然を守る会・副会長、富士河口湖町公認ネイチャーガイド


※プロフィール等は刊行時のものです。

目次

はじめに


●序章 アニマルトラッキングをはじめよう

[アニマルトラッキングとは何か?]
動物の生態を追跡すること

[アニマルトラッキングの心得]
五感を研ぎ澄ませて森を歩こう

[フィールドサインの宝庫]
「けもの道」を歩いてみよう!

[フィールドサインはどこに? 
雑木林や林道、田畑でも見つかる

[フィールドサインはどこに?◆
神社やお寺も野生動物の宝庫

[アニマルトラッキングのマナー 
野生動物たちを刺激しないこと

[アニマルトラッキングのマナー◆
野生動物には超スローで近づくこと

[アニマルトラッキングに潜む危険 
危険な野生生物と遭遇するかも!?

[アニマルトラッキングに潜む危険◆
獣害が深刻なニホンジカにも注意


【コラム 1】ニホンザルの「戻し食い」に注目!


●第1章 アニマルトラッキング【情報編】

[動物の足跡観察 基本知識 
動物の歩き方の3分類

[動物の足跡観察 基本知識◆
足跡の見つけ方

[動物の足跡観察 基本知識]
より正しく足跡を読み取るには?

足痕の基本パターン

歩行パターンの基本分類

[動物のフン観察 基本知識 
フンにも分類がある!

[動物のフン観察 基本知識◆
フンの見分け方のコツ

[動物の食痕観察 基本知識 
食痕の見分け方

[動物の食痕観察 基本知識◆
特徴的な食痕の例

[その他のフィールドサイン 
動物の「住まい」に注目しよう

[その他のフィールドサイン◆
「ヌタ場」や「モグラ塚」をチェック!

[アニマルトラッキングと四季]
ベストシーズンはいつか?


【コラム 2】かつては「追われた」ノウサギたち


●第2章 【体験編】富士五湖周辺観察ルポ

[アニマルスポット〇鈎羝弌
野鳥&ヤドリギの名所へ

[アニマルスポット富士吉田]
知る人ぞ知る野鳥観察の穴場

[アニマルスポット樹海・前編]
“森のエビフライ”を発見!

[アニマルスポットぜ海・後編]
キツネのフン&タヌキの足跡を発見

[アニマルスポットゲ聾浅間神社]
ムササビの棲む樹洞を訪ねて

[アニマルスポットμ酊擦凌后α以圈
子どもたちが野鳥とふれあう憩いの場

[アニマルスポット野鳥の森・後編]
青木ヶ原樹海を散策

[アニマルスポット┯羣籠宗
ニホンカモシカと遭遇!


【コラム 3】富士山は、日本屈指のコウモリ生息地


●第3章 野生動物の生態【小型哺乳類編】

ウサギ類

ノネズミ類

リス類
ムササビ

モモンガ

ヤマネ

モグラ類

コウモリ類

ヤマネコ類

ハクビシン


【コラム 4】「同じ穴のムジナ」のムジナとは?


●第4章 野生動物の生態【中・大型哺乳類編】

クマ類

アナグマ

テン

キツネ

タヌキ

ニホンジカ

ニホンカモシカ

イノシシ

ニホンザル


【コラム 5】地下での激戦「モグラ戦争」の行方


●第5章 
野生動物の生態【野鳥編】


「渡り」をする鳥、しない鳥

鳥の大きさをイメージする

野鳥を見つけやすい場所

野鳥を見つけるサイン

野鳥の種類を見分ける

野鳥を庭に呼ぶ


【コラム 6】謎が深まる「モズのはやにえ」の不思議


●第6章 
アニマルトラッキング【装備編】


[アニマルトラッキングの服装 
春・夏の服装とシューズ選び

[アニマルトラッキングの服装◆
秋・冬の服装とアイテム選び

[アニマルトラッキングの道具]
トラッキングアイテム編

[アニマル追跡の必需品]
双眼鏡の選び方・使い方

[フィールドサインを記録しよう]
デジタルカメラをフル活用

[フィールドサインを保存する]
石膏で動物の足型をとってみよう


【コラム 7】本州にはなぜ「ヒグマ」がいない?


●第7章 
野生動物撮影術


[野生動物撮影は「望遠」が基本]
クローズアップ可能なレンズを

[野鳥撮影には「デジスコ」がおすすめ]
フィールドスコープ導入も検討しよう

[フィールドで動物を撮るには]
「カモフラテント」があると便利

[夜行性の野生動物撮影には]
センサーカメラを使うとベスト

外川英樹さんの作品集


【コラム 8】身体能力抜群のイノシシは危険な「アスリート」


[付録]
アニマルトラッキング用語辞典