書籍・DVD > キャンプ・アウトドア > 登山
書籍・DVD > キャンプ・アウトドア > アウトドアエッセイ

ずっこけ中年ハイカー、槍ヶ岳を目指す

その他単行本

TRAMPIN’編集部チャレンジ! DX

ずっこけ中年ハイカー、槍ヶ岳を目指す

TRAMPIN’編集部

A5判 160ページ
ISBN:978-4-86067-430-4
発売日:2014年5月30日
定価:本体1,500円+税

各オンライン書店にてご購入いただけます。

夢の丸太小屋に暮らす 関連書籍 一覧

高橋庄太郎監修 山旅バックパッキングスタイル

TRAMPIN’ 別冊

高橋庄太郎監修 山旅バックパッキングスタイル

衣食住を背負って、憧れの稜線へ
まるごと一冊 山岳/アウトドアライター高橋庄太郎責任編集!!

JETBOIL(ジェットボイル)で簡単クッキング

TRAMPIN’ BOOKS

JETBOIL(ジェットボイル)で簡単クッキング

全55レシピ!!
「JETBOIL(ジェットボイル)」でスピードクッキング! 目からうろこのハウツー本が登場!!

Hiking & Backpacking TRAMPIN’( トランピン)

初めての3000mの夏休み!

Hiking & Backpacking TRAMPIN’( トランピン)


vol.18 総力特集 ヤッホー! 夏山教書 別冊付録『富士山ガイドBOOK』(新書判/64ページ)付き!

Hiking & Backpacking TRAMPIN’( トランピン)

ビギナーからベテランまで必見の300overアイテム

Hiking & Backpacking TRAMPIN’( トランピン)


vol.17 総力特集 進化する山道具2014 別冊付録『北アルプス山小屋ガイド』(新書判/64ページ)付き!

 

内容

『TRAMPIN’(トランピン)』で好評連載中の「編集部チャレンジ」が一冊に!

山歩きを楽しむ雑誌『TRAMPIN’(トランピン)』誌上で大人気の山行レポート連載、「編集部チャレンジ」をまとめた一冊! 高尾山にすら登ったことがなかった登山初心者が、山雑誌の立ち上げを機に、編集長や取材スタッフとともに少しずつステップアップしていった軌跡を追います。数々の失敗を乗り越えながら、富士山や槍ケ岳といった国内標高ベスト5を登頂。さらには、八ケ岳全山、奥秩父全山といった人気縦走コースの踏破や、積雪期の赤岳、温泉&スノーシューハイクなどの雪山にも挑戦しています。まさに読者の等身大ともいえる「普通の」中年ハイカーたちが、四季折々の山で奮闘する様子をお楽しみください!!

※本書は、『TRAMPIN’』Vol.2(2010年11月発売)〜Vol.16(2014年1月発売)に掲載した連載企画「編集部チャレンジ」を加筆・修正したものです。

著者プロフィール

TRAMPIN’編集部(とらんぴんへんしゅうぶ)
(株)地球丸から、2010年7月に発刊したハイキング&バックパッキング誌『TRAMPIN’(トランピン)』を制作する編集部。トランピン=トランピングとは、「元気よく歩く」といった意味があり、ニュージーランドではトレッキングのことをさす。登山歴0年の中年編集スタッフが富士山を皮切りに様々な山に挑戦し、ステップアップしていく様子をレポートした「編集部チャレンジ」は、同誌の連載企画として毎号、人気を博している。


※プロフィール等は刊行時のものです。

目次

Prologue まえがき

Cast 登場人物紹介

Challenge 1 登山ビギナーが富士山に登った日

Challenge 2 雲取山へ初めての冬山テント泊

Extra 1 エピソード0(ゼロ)の高尾山

Challenge 3 海へと至る縦走路へ! 北アルプス・栂海新道

Challenge 4 八ケ岳・本沢温泉、日本最高峰の野天温泉へ

Extra 2 トラウマの奥多摩・川苔山

Challenge 5 極寒の北八ケ岳で雪上キャンプ&東天狗岳アタック

Challenge 6 沢登りデビュー in 奥多摩

Extra 3 山メシ100食、全部食べました!

Challenge 7 八ケ岳最高峰、雪の赤岳登頂!!
Challenge 8 裏磐梯、幻の氷爆、イエローフォールへ!

Extra 4 エアボード on パウダー!

Challenge 9 天を射抜く鋭鋒・槍ケ岳、その頂を目指せ!

Extra 5 「編チャレ」より長い地球丸トレラン部

Challenge 10 一都三県をまたぐ奥秩父主脈縦走

Challenge 11 南アルプス・白峰三山を股にかける!!

Extra 6 山の知識検定をお受験する

Challenge 12 念願の奥穂高岳へGO!

Challenge 13 目指せ! 八ケ岳全山縦走

Epilogue あとがき