書籍・DVD > 釣り > 釣りエッセイ
書籍・DVD > 釣り > フライフィッシング

渓流讃歌

FlyRodders選書

渓流讃歌

Fly Fishing Anthology(フライフィッシング・アンソロジー) 〜フライロッドを持って旅に出たくなる14の物語

田渕義雄 阪東幸成 湯川豊 西木正明 佐藤成史 廣木克有 須山泰千 坂口正夫 碓井昭司 浅暮三文

A5判 160ページ
ISBN:978-4-86067-235-5
発売日:2009年5月25日
定価:本体1,400円+税

各オンライン書店にてご購入いただけます。

夢の丸太小屋に暮らす 関連書籍 一覧

フライパターン全書

フライパターン全書

エキスパートが巻く、トラウトを釣るための54パターンの巻き方と114のバリエーション

フライフィッシングギアのハンドクラフト教書

フライフィッシングギアのハンドクラフト教書

バンブーロッド、ランディングネット、フライボックスほか19種類におよぶF.F.ギアのつくり方を大紹介!

テンカラ釣りがわかる本

テンカラ釣りがわかる本

毛バリで渓流魚を狙う伝統漁法を完全解説!

渓流のフライフィッシング入門 Q&A100

渓流のフライフィッシング入門 Q&A100

渓流でヤマメやイワナを釣るための実践テクニックをQ&Aで詳しく解説

フライマンのための水生昆虫入門

フライマンのための水生昆虫入門

美しいカラー写真とわかりやすい解説でひも解く水生昆虫の世界

ヤマメ&イワナの日本100名川 東日本編

ヤマメ&イワナの日本100名川 東日本編

北海道・東北・関東のベスト・フライフィールド

ヤマメ&イワナの日本100名川 西日本編

ヤマメ&イワナの日本100名川 西日本編

甲信越・東海北陸・近畿・中国四国・九州のベスト・フライフィールド

 

内容

田渕義雄、西木正明、塩野米松、湯川豊、浅暮三文、樋口明雄、佐藤成史、坂口正夫、阪東幸成ほか、フライフィッシングの魅力に取り憑かれた著者たちによる渾身の短編作品を集めた1冊。苦労の末にようやく出合えた1匹のヤマメ、深山幽谷の渓で起こったハプニング、遠征先で出会った人たちとのドラマティックなエピソード、道具にまつわるマニアックな話などなど・・・。読んだそばからフライフィッシングの世界にどっぷり浸れる珠玉の14編。

著者プロフィール

田渕義雄(たぶち・よしお)
長野県千曲川源流域に居を構える作家。著書に『フライフィッシング教書』、『バックパッキング教書』、『フライロッドと人生』、『森暮らしの家』など多数

阪東幸成(ばんどう・ゆきなり)
1958年福岡県生まれ。会社員。著書に『アメリカの竹竿職人たち』がある。PHOTO BLOG「TOKYO/Naha Chromatic」(http://bbbesdur.exblog.jp)

湯川 豊(ゆかわ・ゆたか)
1938年新潟市生まれ。エッセイスト。著書に『須賀敦子を読む』、『イワナの夏』、『夜明けの森、夕暮れの谷』、『終わりのない旅 星野道夫インタヴュー』など

西木正明(にしき・まさあき)
1940年秋田県生まれ。作家。『凍れる瞳』で第99回直木賞受賞。『流木』、『孫文の女』、『極楽谷に死す』、『ウエルカムトゥパールハーバー』など著書多数

佐藤成史(さとう・せいじ)
1957年群馬県生まれ。フィッシング・ジャーナリスト。おもな著書に『ライズフィッシング・アンド・フライズ』、『渓魚つりしかの川』など

廣木克有(ひろき・よしゆき)
1951年新潟県生まれ。会社役員

須山泰千(すやま・たいせん)
1961年島根県生まれ。カメラマン。東京奥多摩の渓にはじまり、東北の渓を経て、現在は妻の故郷、信州の渓に落ち着いている

坂口正夫(さかぐち・まさお)
1950年岡山県生まれ。会社員。湧き水の川・野生の鱒・水生昆虫をキーワードにしたフライフィッシングを好む。web-FFJにエッセイを連載中

碓井昭司(うすい・しょうじ)
1955年東京都大田区生まれ。自由業。著書に『丹沢物語』

浅暮三文(あさぐれ・みつふみ)
1959年兵庫県生まれ。作家。98年『ダブ(エ)ストン街道』で第8回メフィスト賞受賞、03年『石の中の蜘蛛』で第56回日本推理作家協会賞受賞。『カニスの血を嗣ぐ』など著書多数

大木孝威(おおき・たかい)
1959年栃木県さくら市生まれ。会社員。リール愛好会所属

樋口明雄(ひぐち・あきお)
1960年山口県生まれ。作家。日本推理作家協会会員。山梨県自然監視員。09年『約束の地』で日本冒険小説大賞受賞。著書に『頭弾』、『狼叫』、『狼は瞑らない』、『武装酒場』など多数

平野 肇(ひらの・はじめ)
1951年東京都生まれ。作家、音楽家。著書に『蜉蝣渓谷』、『精霊蜻蛉の川』、『釣魚大変』(共著)、『罠が聴こえる』、『還』、『オババの森の木登り探偵』など多数

塩野米松(しおの・よねまつ)
1947年秋田県生まれ。作家。おもな著書に『木のいのち木のこころ』、『木の教え』、『聞き書きにっぽんの漁師』、『人はなぜ旅をするのだろう』、『最後の職人伝』、『ふたつの川』など多数


※プロフィール等は刊行時のものです。

目次

夏の計画
田渕義雄

イワナの視線
阪東幸成

秘密の谷、忘れられた川
湯川 豊

座談の名手ジム・リパイン
西木正明

風狂
佐藤成史

回想の西別川
廣木克有

私の記憶の中にいつも浮かぶあの景色
須山泰千
長い道の途中で
坂口正夫

追ってくる
碓井昭司

ミッシェル・ポルナレフで釣れ
浅暮三文

超私的フライリール愛情論
大木孝威

天国への扉
樋口明雄

地図にない池
平野 肇

沢胡桃のある川
塩野米松